KOWICHI

RAPPER

 

2001年にD.u.g.と結成したデュオ enmakuでジャパニーズ・ウェッサイ・シーンの新星として世に登場したKOWICHIは、

2012年にソロ・デビュー・アルバム「THE CHIPS」をリリースし、本格的にソロ活動を始める。

FILLMORE率いるWESTAHOLICからリリースされたMoNaとのコラボによる先行曲 “FLOWER” のスマッシュヒットや

DJ SPACE KIDとのタッグによる完全ストリート向けなミックスCD「CONFIDENTIAL CHEESE」のリリース、

さらにはSEEDAの人気シリーズ「CONCRETE GREEN」の最新作への参加など、

シーンをクロスオーバーした幅広い活動で注目を集める。

2014年、2ndアルバム「THE DINER」をリリース。ギャルキラーな ”BoyFriend #2” は爆発的なクラブヒットとなり、

立て続けに同曲のリミックスを発表。

TY-KOHとのタッグで話題を集めた ”LYNE” は配信チャート1位を獲得。

数々の連続ヒットを受けてタフなミックステープ「STONER LIFE」も発表するなど、ますます好調のKOWICHI。

2015年、盟友 DJ TY-KOH、YOUNG HASTLEと共に「FLY BOY RECORDS」を設立.。

同年10月にリリースした 3rdアルバム「SheCRET」は、HIPHOPアルバムチャート1位を獲得。

メインストリームの路上感がタフなマイクさばきで噛み砕かれ、

男気系のストリート・チューンから哀愁ソングまで多彩に操る彼のアーティスト性が、多くのファンを虜にした。

同年11月には、DJ TY-KOHを筆頭に『FLY BOY RECORDS LIVE IN CONCERT』と題された、

YOUNG HASTLEとのツーマンライブを開催し、豪華ゲストを招き大成功に終わる。

2016年、10月にニューアルバム『The Plain』をリリースすることを発表。

翌月には初のワンマンライブを地元川崎のライブハウスSerbian Nightで開催する。

日本のHIPHOPシーンに歴史を刻み続ける、誰もが認める今もっともホットなラッパー。

  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon

MEMBER OF  FLYBOYRECORDS

YOUNG HASTLE​​

RAPPER

中学3年時にキングギドラに出会い、衝撃を受ける。ZEEBRAのスタイルに憧れると同時にUSヒップホップを吸収。

2002年にラップを始め、渋谷のクラブなどでライブ活動を展開。

一切のブレを感じさせない彼の性格が、アンダーグラウンドの現場で日々泥臭く戦うラッパーを沸かせ、厚い支持を受ける。

 

2010年6月、1stアルバム『THIS IS MY HUSTLE』をリリース。

自身のトレードマークである "VネックTシャツ” 偏愛ソング 「V-NECK T」が大ヒットし、颯爽とシーンに登場したヤングハッスル。

立て続けに「V-NECK T(V-MIX)」を発表、

同年12月には「V-NECK T」がAmebreak AWARDS 2010 BEST SONGS部門で堂々の第2位に輝き、

一躍 “V-NECK T” ブーム が巻き起こる。

2011年6月に発表した「THIS IS MY HUSTLE REMIX EP」では、

肉体美を誇る筋トレ・アンセム「Workout」のPVが話題となり注目された。

 

2012年7月、2ndアルバム『Can't Knock The Hastle』をリリース。

日焼け推奨ソング「Blackout」をはじめ、

収録曲のほとんどが実体験をラップに落とし込んだ純度の高さが多くのリスナーを虜にした。

2014年7月、自らのリターンを高らかに宣言した待望の3rdアルバム『RETURN OF THE HASTLE』をリリース。

磨き上げられた中毒性のあるヤンハス節がファンをうならせた。

日本語ラップ界随一の肉体美と言っても過言ではないその鍛え上げられたルックスは、

多方面で評価され、メディアや雑誌への露出も多い。

2015年、盟友 DJ TY-KOH、KOWICHIと共に FLY BOY RECORDSを設立.。

その第一弾として、同年11月、完全ストリート・マナーなミックスとして話題を呼んだ

DJ TY-KOHとのコラボミックスCD「TYH the Mixtape」をリリース。

"おんなのこ" に捧げる正真正銘のギャル・チューンからハードコア・シットまで、絶妙なセンスで作り上げている。

 

同時期、DJ TY-KOHを筆頭に『FLY BOY RECORDS LIVE IN CONCERT』と題された、KOWICHIとのツーマンライブを開催し、

豪華ゲストを招き大成功に終わる。

 

日本語ラップシーンを代表する超個性派ハードライマー。

  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon

DJ TY-KOH​​

DJ, Producer

 

SOUTH SIDE OF KAWASAKI CITYをHOODとするMr. K-TOWNことDJ TY-KOH。

1996年よりHIP HOP DJとして活動を始める。

2001年に結成したHIPHOPとDANCEHALLを融合したREMIX STYLEのSOUND CREW "BIG BLAZE WILDERS" のオリジナルメンバー。

 

NEW YORKでの長期滞在と、REGGAEのフロアを沸かしてきた経験を生かしたDJ PLAYは、

MICを持ちリリックやダンスも伝えながら曲をかけるスタイル。

その圧倒的なヴァイブスは、多くのオーディエンスを巻き込みながら、EAST, WEST, SOUTH 問わず幅広くPLAY。

2010年、SIMON、Y’Sと共に「Tequila Gin or Henny」を制作。

TY−KOHのプロモーションにより、NYの人気DJ、DJ KAST ONEがHOT97でプレイしたことで世界中から注目され、

Twitterや多くのblog上で一気に話題が沸騰、遂には50CENTの耳に止まるまでのサクセスストーリーとなった。

間もなく発表された「TEQUILA,GIN OR HENNY THE MIXTAPE」は圧倒的なセールスを見せ、

今日の日本語ラップブームの火付けとなったといっても過言ではない。

 

同年、恵比寿リキッドルームで開催されたSEEDAのワンマンライブのDJを担当。

ライブDJとしての 実力も関係者を始めオーディエンスに広く認知されている。

 

2011年、自身がプロデュース・リミックスを手がけた話題作

”V-NECK T(V-MIX) - YOUNG HASTLE ft. DJ TY-KOH, Y's, OHLI-DAY, YUKI a.k.a.JUTO, JAYSMAN & BIG-T” や

"TRIGA FINGA - Gyal Is Everything (Remix)  ft. DJ TY-KOH,Y's,TOP” などを収録した

日本語ラップ・ミックステープ "You Know What It Iz The Mixtape”をリリース。

2012年には同作がイギリス ロンドンで開催された「The Official Mixtape Awards Best International Mixtape 2011」で

地元イギリスやアメリカを抑えグランプリに輝いた。

 

他にも、人気アーティストのオフィシャルMIXを数多く手掛け、

世界一の称号をも獲得した実力を武器に、数々の作品をヒットへ導いている。

 

2015年、盟友 KOWICHI、YOUNG HASTLEと共に FLY BOY RECORDSを設立。

 

盛り上げるヴァイブスの高さは多くのラッパーからの支持され、プロデュースや”煽り役”としてシャウトの客演オファーが絶えない。

日本のヒップホップ・シーンをリードするそのアーティスト性が、多くの人を魅了し続ける。

  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon

ZOT on the WAVE​​​

Trackmaker, Producer

 

レペゼン宇都宮。中学1年時にブラックミュージックに出会い、R&Bシンガーとして活動を始める。

シンガーとして活動しながら多くの音楽に刺激され、2010年には本格的に音楽制作をスタート。

シンガー時代に培った知識や持ち前の感性で幅広いビートを作り出す

現行西海岸のビート(Ratchet)、TRAPを得意とする。

2015年、 DJ TY-KOHが 盟友 YOUNG HASTLE, KOWICHIと共に設立したFLY BOY RECORDSの オリジナルメンバー。

<提供アーティスト>

KOWICHI

YOUNG HASTLE

十影

KUTS DA COYOTE

JOYSTICKK

YOUNG FREEZ

BAD HOP

T-ACE

etc.

  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon

RILYMAFFIA​​​

Performer

2003年よりデザインワーク、イベントプロモーター、STREET誌A&Rとして活動、様々な経歴を持つ。

2005年、DJ TIMEの”煽り役"を志望、独学から生まれるパフォーマンスとヴァイブスを武器に

単独DJ TIME PERFORMERという新たなスタンスを確立させた。

そのスタイルそのものが “リリマヒア” の色であり、ダンサーと言う枠を超えたアーティストの一人である。 

DJ TIMEならではのステージングと即興パフォーマンスは必見、

東西南メインストリームのパフォーマンスを得意とし、独自の感性と持ち前のバイブスでフロアを沸かせるスタイルは

単なるGO GO DANCERとは一線を画する。 

 

2007年、ダンスブームが巻き起こったダーディーサウス全盛期、

ATLにちなんでMartin Luther King Dayに行われた "WALK IT OUT CONTEST" では GIRLS部門で優勝、

のちに張本人DJUNKの来日ツアーに参加し本家との共演を果たす。

翌年には、"キング・オブ・クランク" LIL' JONの来日ツアーで長時間にわたりソロパフォーマンスを展開。

CRUNKやSNAP MUSICなどNEW DANCEを始めとした黒人ノリを意識したダンスに力を入れるなど、

唯一無二の "ATL PERFORMER" として全国から高い評価を受ける。

その他、CHINGY, JOE, Ying Yang Twins, Flo Rida, FATMAN SCOOP, BOBBY VALENTINOなど 

数々の海外アーティスト OFFICIAL JAPAN TOURにも参加している実力派。

2010年、DJ TY-KOHのプロモーションにより世界中から注目され爆発的ヒットとなったSIMONの「Tequila Gin or Henny」OFFICIAL VIDEOに参加。間もなく発表された「TEQUILA,GIN OR HENNY THE MIXTAPE」には

"RILYMAFFIA ver. Tequila Gin or Henny” が収録されている。

その他、多方面のMUSIC VIDEOにも数多く参加。

 

また、2006年からタッグを組むDJ TY-KOHとの息の合ったステージングも今年で10年を迎え、

媚びない姿勢とブレないスタイルが定評である。

2015年、 DJ TY-KOHが 盟友 YOUNG HASTLE, KOWICHIと共に設立したFLY BOY RECORDSの オリジナルメンバー。

  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2016 FLYBOYRECORDS